リサーチ 2.0における Boolean と検索構文コマンド

ワイルドカード

リサーチ 2.0 には、2 つ異なるワイルドカードの検索コマンドがあります。

"?"で任意の 1 文字に一致する

例: "cha?ge"= charge, changeなど

"*"文字の任意の数に一致する 

例: "can*" = candle, canteen, canned, cannot

注記: これらのワイルドカード検索は、少なくとも 3 文字連続する必要があります。 ca * では検索が拒否されますが、can* では問題ありません。 

および/または

"OR""| |"検索結果に両方が含まれる代わりに、1つのキーワードまたは別のキーワードを含みたい場合に選択します。 

このコマンドは、条件を結合するブラケットと組み合わせることができます。例: quick OR brown OR fox=  ではこれらのキーワードのいずれかを含むタイトルが結果として表示されます。
例: quick|| brown|| fox= "Brown fox fur lined shoe" 
例: quick OR brown OR fox= "quick oats"

例: "red Nike (shoe OR shirt)"= "Red Nike shoe size 6" または "red Nike shirt long sleeved"
上記の例では、redとNike が検索結果に含まれていなければいけませんが、shoe と shirt は交換可能です。  

キーワードの除外

"-"特定のキーワードを除外して、一致するタイトルにはこれらの単語が含まれていないことを確認します。

例: black baseball -hat -bat= "rare black baseball gold accents"
上記の例では、結果にhat または bat を含まないキーワードが表示されます。 

注記: 検索から除外されるために各キーワードにマイナスをつける必要があります。つまり"-rabbit -turtle -cat"

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています