卸や問屋から仕入れると、仕入れプロセスをより構造的にそしてより予想しやすくなります。商品はまとめて購入でき、オーダーのサイズによっては値段を交渉することg亜可能で、一個あたりの商品コストを下げることになります。在庫は補充可能です。同じ商品を扱うライバルの数を制限するように、排他的な契約を結ぶことも可能です。

セラーや適切な提供者を探すという追加チャレンジに直面することになります。また、提供者とビジネス関係を築き上げるというプロセスも理解しなければなりません。まとめて在庫をオーダーするということは、より多くの資金が必要となるため、資金繰りなどをする必要が出てきます。

利点

  • タグ付きそして未開封の新品の状態で購入できる
  • 在庫が補充可能
  • オーダー量によって一個あたりの商品コストを交渉できる
  • その他の仕入れ方法よりも大幅な利ザヤが期待できる
  • 仕入れに即金が必要でないことが多い
  • この仕入れ方法では、ビジネス規模を効率的に展開できる
  • セラーはニッチ市場に精通できる
  • セラーは固有な商品を開発したり、提供者と排他的な交渉をすることが可能

難点

  • 在庫は製造元の状況によって左右される
  • 商品の最小オーダー数があるため、財政的なリスクを負うことになる
  • 提供者によって仕入れチャンスが異なる
  • 商品を事前に注文する必要がある
  • セラーの作業を組織化する必要がある
  • 市場の状況を正しく理解して商品を選択する必要がある
  • オーダー量によっては、在庫場所を追加する必要がある
  • 商品を直接手に取って確認することができない。ただし、通常サンプルを入手したり、商品の仕様を詳細化したり、欠陥を解決したりするなどの対応方法が可能
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています