ライブオークションや仮想オークションの入札形式で、オークション会場から商品を購入する方法があります。オークションの種類によっては、買い手が下見できるものとそうでないものがあります。通常、落札は限られた時間制限の中で行われます。その他の購入希望者からの入札状況によって、希望する仕入れ価格で商品を得るのが難しいこともあります。

アウトレット(以下は北米で有名な店の一例です)

  • Auction Houses
  • Government Surplus
  • Close-outs
  • Storage Units
  • Liquidations

利点

  • 競売人によって、商品が既に識別されている
  • 競売人が商品の経歴を知っている可能性がある
  • 貴重なアイテムを低価格で仕入れることができす
  • 商品によっては、単数または少量で仕入れができる
  • まとめ売りされることも多く、個別で購入するよりも利ザヤがでる


難点

  • 在庫補充がほぼ不可能
  • 不明瞭な商品を識別するというチャレンジ
  • 同じまとめ売りの中でも、新品から破損したものまで商品の状態が異なることがある
  • オークション前に商品を確認できないことがある
  • オークション後、即金払いが必要なこともある
  • オークションによって、チャンスの良し悪しがかなりある
  • 転売の価値、オンラインの需要などをよく知ってから商品を選択する必要がある
  • その他の購入希望者からとの入札競争で、仕入れコストが高くなる可能性がある
  • オークションが定期的に開催されなかったり、年間を通して安定しないことが少なくない
  • ビジネスが上向きになっても規模拡張が難しい
  • 短時間内で商品を引き取る必要がある
  • オークションの落札者は、倉庫などから不必要なものを破棄する責任を負うこともある
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています