第4章 – 販売動向が低い = チャンス


ライバルがひしめき合っているマーケットを避けるため、合計売上の高いカテゴリーは避けましょう。まだ規模が小さいながらも、販売数、需要数、平均販売価格が上がってきているカテゴリーを探します。こういったカテゴリーは人気のあるカテゴリーと比較して、在庫が少ないなどのギャップがあることが多いため、参入しやすいと言えます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています