全ての商品が購入、転売されるわけではありません。商品によっては材料を元に生産されたり、既存商品を改造されたりします。


ハンドメイドの商品は、一般にEtsyのようなマーケットプレイスで販売されていますが、eBayやその他のチャンネルでも見つけることができます。


これまでなかったほど、Do-It-Yourself(DIY)のソリューションが可能になりました。 商品は比較的安価なソフトウェアプログラムを使ってデザインできます。プロトタイプや模型は3Dプリンタで作成できます。製造工程はKickstarterのようなクラウドファンディングソリューション(不特定多数の人がインターネットを通じて組織や財源に協力すること)などから融資されることもあります。

利点

  • セラーがユニーク商品、その他にはないデザインを開発できる
  • 在庫補充が制作過程で可能
  • 一個あたりのコストは、材料や生産工程でコントロール可能
  • その他の仕入れ方法よりも大きな利ザヤが期待できる
  • 生産される商品の量によって、リスクが比較的低い
  • この仕入れ方法では、規模拡張が効率的に可能
  • セラーはニッチ市場を専門にできる

難点

  • 在庫が製造そして材料によって大きく左右される
  • 製造工程、スケジュール、品質や原材料を管理する必要がある
  • 材料や製造工程を効率的に行う必要がある
  • デザイン工程ではある程度のスキルが必要とされ、2Dや3Dデザインプログラムを扱うためのトレーニングが必要な場合もある
  • 制作された商品を保管する場所が必要
  • 個人では、商品デザインやブランドを生み出すのが難しい
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています