中古品店から仕入れると、広範囲の商品を比較的低価格で入手することが可能です。

中古品店ではあまり価値がないように扱われがちなコレクターやアンティーク商品に的を絞って、高い利益率を得ることに専念するセラーもいます。時には、このような低価格商品が大きな転売機会を生み出します。

中古品店は通常、中古そして破損状態のある商品を扱っており、その販売のほとんどを人の行き来で得ています。その他の小売店よりも価格は大幅に低いのが特徴です。オンラインでの購買活動を元に価格を設定する店もあるため、オンラインセラーの利益ザヤがあまりないという結果になることもあります。

価格リサーチは、中古品を扱うセラーにとってはとても重要です。中古品店で見つかる多種多様な商品とカテゴリー、破損状態の良し悪し、そして梱包やボックス、ラベルの付いていない商品を見分けるという目利きが必要というチャレンジを克服しなければなりません。

中古品店の種類

  • 中古品店
  • 中古特価販売店
  • 慈善団体による店舗
  • 委託販売店
  • 質屋

利点

  • 小売販売店からよりも一般的に低価格で仕入れが可能
  • 様々な商品を低資金で調達できる
  • 個別または少量で仕入れが可能
  • 購入前に直接商品を確認すうることができる
  • 各小売販売店の場所と営業時間が決まっている 
  • 少量の在庫で自宅で保管が可能
  • 衣類、本、陶器などニッチ市場の商品を専門にできる

難点

  • 不明瞭な商品を識別するというチャレンジ
  • 商品は通常中古または破損した状態であることが多々であるため、評価が難しい
  • 在庫補充がほぼ不可能 
  • 在庫を確認し、店を行き来するという時間と労力がかなり必要なこと
  • 商品の支払いを即金で払わなければならないこと
  • 在庫する場所が必要であること
  • ビジネスが上向きになっても規模拡張が難しい
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています